転倒を防いで丈夫な骨へ

女性

骨密度が弱くなる原因

骨粗鬆症とは、骨密度が弱くなってくる症状を言います。このような症状が出てくる人は、中高年に多くなってくるのですが、原因の1つに加齢が挙げられます。骨密度は10代の成長期を境に落ち着いてきますが、50代ぐらいから減少してきます。そのため、骨粗鬆症が見られるようになり、この状態では転びやすくなってくるので骨折してしまうリスクが発生してきます。高齢者になると、これがきっかけで寝たきりになってしまうことも珍しくはありません。そのため、骨粗鬆症にならないことも大切ですが、その疑いがあるときは病院で治療を受けることで大きな事態を防げます。骨粗鬆症の治療は、主に薬で骨密度を強化していく方法となります。骨の形成に必要な栄養分や、骨密度を弱くしてしまう原因を抑えていく効果があり、この治療だけでも大きな効果が得られます。足が原因で転倒してしまいそうになったり、よく転倒してしまう場合は、この治療で骨を丈夫にしていくようにしましょう。

健康的な生活を送るために

日本はさらなる高齢化社会を迎え、骨粗鬆症は避けられない時代となってきました。平均寿命が延びたことと同時にそのリスクも大きくなるので、いつまでも健康に過ごしていきたいことが目標です。介護の必要性を少しでもなくしていくためには、骨粗鬆症の治療は大いに関係があるのです。特に女性は、閉経を機会に女性ホルモンが減少してくるため骨粗鬆症になってしまう人が目立ってくるようになります。これは、女性ホルモンの分泌量によって骨密度が変わってくることから仕方のないことかもしれません。しかし、女性は平均寿命も高く、運動量も少ないので骨粗鬆症になってしまうと危険です。このような加齢の原因の他にも、他の病気で骨粗鬆症を招くことも多いので油断はできません。病院での治療の他にも、定期的な運動や栄養豊富な食事も心掛けることが効果的です。このような取り組みは病院でも指導されているので、無理のないように続けることで骨密度も強くなってきます。これからの時代に骨粗鬆症の治療は大きな期待となっているので、自分の意識を高めて病院に頼ることで、健康的な生活を送ることができます。