大腸がんの治療法

医者

大腸がんを治療する際はさまざまな大腸がん治療法の中から一つを選択し、患者さんに最適な治療方法を駆使してがんを治療するのが一般的です。
発症してからまだ年月が経過していないがんを治療する際は内視鏡治療を利用することが多く、他のがん治療よりも患者にかかる負担が小さいのが特徴の手術となっています。身体の内部に内視鏡を入れてがんを切除するため、メスなどを利用することがありません。身体への負担を最小限に抑えつつしっかりと初期の大腸がんを治療したい場合は、内視鏡治療を選択しましょう。治療の際にも痛みを感じることはほとんど無いので、手術の痛みに不安を抱えている方でも安心して治療を受ける事が可能です。

早期発見した大腸がんは内視鏡治療によって治療することが可能ですが、がんが初期状態より進行している場合は放射線や手術によって大腸がん治療を行ないます。
外科手術によって体内のがんを取り除く治療法は治療効果が高く、大腸がんの治療を行なう際に最もよく行なわれています。手術の際にはがんの転移を防ぐために、がん付近のリンパ節も同時に切除することが多いです。ある程度進行している大腸がんを治療する際は外科手術による切除を行ない、体内からがんを綺麗に摘出してもらいましょう。また場合によっては外科手術を行いつつ、放射線治療や化学療法を同時に進行することもあります。このように複数の治療法を同時に実施すれば、がん治療をより効果的に行なうことが可能になるのです。